Pallet 第4話 色鮮やかな花々と

外は生憎の雨模様。昼食後のブレイクタイムを4人でのんびり過ごしていた。

「花に例えるなら・・・愛里は間違いなく『ひまわり』だね」
千夏の一声に歩も俺も大きく首を縦に振った。

「いつも明るく、天真爛漫」
「太陽のように周りの人達を優しい光で包み込んでくれる」
俺の言葉に続けて歩も口にすると、愛里は顔を赤くし、両手で頬を隠した。
「そこまで言われると、ちょっと恥ずかしい・・・」

「じゃあ、千夏は、『はなしょうぶ』かな。凛と優美に咲く感じが千夏みたいで・・・」
「愛里、もういいよ!これ凄く恥ずかしい」
千夏は愛里の口を両手で慌てて塞いだ。

「歩は『きんもくせい』だな。金木犀の下で読書してそう」
「例えるよりも、似合うだね。でも、確かに分かるかも」
俺と千夏の言葉を受け、歩も照れ笑いを浮かべていた。

「俺は何だろう。花の種類もあまり詳しくないし・・・」
「和弥は『ストック』かな。多色で綺麗な花なの」

そう言い、愛里はスマホから一枚の写真を見せてくれた。
レンガ造りの家の街並みと、花壇や窓辺に赤紫や黄、白など、様々な色のストックの花が咲き誇る風景だった。

「今、イタリアにいる両親が送ってくれた写真なの。今の時期が一番見頃なんだって」
「和弥はひまわりのように一つの茎に一つの花が咲くよりも、一つの茎に多くの花が咲く花の方が良いね」
愛里の千夏の言葉を受け、みんなが感じた気恥しさを俺も身をもって体験した。


それからは、花やイタリアの話に花を咲かせ、気付けば涼しい風が家の中に吹き込んでいた。
「よし、そろそろ動くかー」
「今日の料理担当は俺と愛里だったよな」
俺と愛里は台所へと向かい、歩と千夏も動き始めた。

今日の話しが俺の未来を変えるきっかけになると知るのは、少し先のこと。



Pallet 4話を読んで下さり、ありがとうございます!
花の話はずっと書きたかったのですが、なかなか書き進まずかなり苦戦しました。
愛里の向日葵はすぐに思い浮かぶけど、男性陣は(主に和弥)難しかったです。
和弥に関しては、日本で親しまれている花よりも、海外の品種の方が合うと思い、色は多色、小振りの花で一番和弥らしい花を探しました。

作品完成後、花言葉を何となく調べたら、
☆愛里の向日葵は、あなただけを見つめます/光輝

☆千夏の花菖蒲は、あなただけを信じています/優しい(優美な)心

☆歩の金木犀は、謙虚/真実の愛/初恋

☆和弥のストックは、愛の絆/見つめる未来/思いやり

と、私が思い描く登場人物のイメージに当てはまる部分が多く、
凄く良い作品が出来たと後々になって思いました(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

結羽

Author:結羽
結羽=マイペースな自由人

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック