スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説 決意と勇気

昔から知っていた曲。
先日、この曲を聴いた時、私は泣き続けた。
精神的に辛い時期だったからか、歌に込められた想いが私の心に響き続けた。


この時の私は、前へ1歩進む事を怖がっていた。
その先にある未来に自信が無く、歩む道を暗闇の中で1人怯えながら探していた。
『辛い』と思っていても誰にも言えない。
言った後は涙となって流れ落ちる。
一生懸命になればなる程、臆病になっていく自分が大嫌いだった。
人との関係を恐れ、関係を築けてもどこかぎこちなくなってしまう。

辛い時に辛いと言えたら人はどんなに楽になるだろうか。
悲しみや苦しみを1人で抱え、涙を堪えながら生きている人は『辛い』と、『助けて』と素直に他人には言えない。
涙の代わりに笑顔を見せ、強がりな仮面を被った弱虫になる。
でも、いつかは痛みや苦しみを知る時が来る。
その痛みや苦しみに耐え、乗り越えなければならない時が必ず来る。
乗り越えた先には、今までの苦悩や苦労の闇が光に変わって訪れる。


自分の事だけで他人の事を気遣えなかった私。
自分の苦しみの上に他人の苦しみが重なった時、私の気持ちは暗闇の中で抜け出せずにいた。
死を考えた事も多々あった。
けれど、私は諦めずに暗闇の中で必死にもがいた。
私には動く為の手足がある。
話す為の口があり、言葉がある。
物事を考える頭があり、感情がある。
そして、何よりも家族がいて、友達もいる。
私は1人ではない。
大切な人達の中で私は生まれ、今日まで育って来た。
ならば、これからも大切な人達の中でいろんな事に挑戦して、育っていける筈だ。
人の温もりの中でこれからも生きたいと思えた。


辛い時はあるけれど、逃げ続けても進めない。
出来ないと思い続けていても、やってみないと判らない。
私が私らしく生き、私と言う人間が他人と分かち合えた時、私が人の中で生きているという証が生まれる。
だから、本当の自分をさらけ出し、自分と言う1人の人間と向き合って生きて行こうと強く決意した。
暗闇の中に一筋の光が差し込む日が必ず来る。
そう信じて、本物の笑顔で生きよう。




今回は、今の私の心情を小説っぽくしました。
『決/意/の/朝/に』を聴き、号泣した事がきっかけでこれが出来ました!
この小説が完成した時、少しだけ心の重みが減った気する・・・。
出来れば、この小説で少しでも心が軽くなったもらえたら嬉しいなぁ♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

結羽

Author:結羽
結羽=マイペースな自由人

カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。